やまとのスタッフブログ

「塔」について


 

 

皆さんこんにちは。

営業部の平田です。

6月に入り、過ごしやすい天気が続いていますね。

個人的にはこのまま暑くならずに終わってほしいものです。

 

 

さて前回は墓という文字についてお話いたしました。

今回は「塔」についてお話ししたいと思います。

 

 

2buddha_nehan_pose

 

 

六世紀に日本へ仏教が伝わり、お寺に「塔」という、新しいおしゃか様のお墓が建てられました。

お墓を意味する「塔」は、古代インド語の「ストゥーパ」です。

中国では「卒塔婆(そとうば)」「卒都婆」などの字があてられました。

これを略して「塔婆」「塔」ともいいます。

インドの「塔」は、いわゆるタワーとは違います。

また卒塔婆も塔婆供養に使う、今の板塔婆ではありません。

「サンチーの大塔」はおしゃか様の立派なお墓です。

 

 

おしゃか様が亡くなられたのは、今から2400年ほど前です。

当時インドでは仏教だけでなく、他の宗教でもお墓のことをストゥーパと呼んでいたそうです。

しかし、仏教を信じる人々にとって、ストゥーパおしゃか様のご遺骨、仏舎利をおさめたお墓であり、供養と礼拝をする大事な場所だったのです。

それは今の時代にも受け継がれています。

日本へ仏教が伝わったころ、お寺の三重塔や五重塔には必ず仏舎利がおさめられていました。

三重塔や五重塔はおしゃか様のお墓の卒塔婆だったからです。

 

 

それではまた次回。

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る