やまとのスタッフブログ

「お墓の基礎知識~お墓を建てる流れ~②」


こんにちは。

弘前店の伊藤です。

相変わらず、暑い日が続いておりますね。

こまめな水分補給、休息などしっかりとり

熱中症対策していきましょう。

 

 

さて、前回に引き続き、「お墓の基礎知識~お墓を建てる流れ~②」について

お話ししてまいります。

契約後は、いよいよお墓の工事に入ります。

 

*基礎工事

実はお墓は意外と傾きやすく、傾く一番の原因が「基礎」なんです。

やまと石材では、地面を約50センチ掘り

更に強度を持たせるため鉄筋を二重に組んで

そこにコンクリートを流します。

 

 

 

*外柵工事

墓地の四方を囲む外柵

併せて、お骨を収める納骨堂を据え付けます。

やまと石材では、納骨室もコンクリートではなく

石でつくっており、内側には天然の白い大理石を

貼らせていただいております。

さらに、土の上には、珪砂(白い砂)を敷き

浄土をイメージしたきれいな空間で仏様に眠っていただきたいという

思いを込め、作らせていただいております。

 

 

 

*石塔工事

最後に、石塔を積んでいきます。

近年、地震がとても多く、お墓が倒れてしまうのでは?と

ご心配される方もおります。

やまと石材では、揺れを分散させて逃がす「免震工法」

というものを採用しており、あの「東日本大震災」のときも

この工法で建てたお墓は、一基も倒れなかったという

実証もございますので、ご安心いただけると思います。

やまと石材の展示場には、基礎の模型もございますので

ぜひ、実際に見てみてください。

 

 

秋のお彼岸、今年中の建立をお考えのお客様

まだまだ間に合いますので、ぜひ1度お越しくださいませ。

どんなことでもお気軽にご相談ください。

次回は、「開眼供養(魂入れ)」についてお話していきたいと思います。

では、また次回!

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る