七五三


今年はまだまだ暖かい日が多くて嬉しいです。

でも風邪引きも増えてきてますので

ご注意下さい。

 

もうすぐ11月。今年ものこり2ヶ月ですね。

早いものです。

今の時期になると思い出すのは七五三ですね。

我が家でも何回か写真をとったり、お参りに

いっていたものです。

昔は「七歳までは神の子」という言葉があったほど、

子どもの死亡率が高く、宮中や公家では無事に

成長することを祈るさまざまな儀式が節目ごとに

行われてたそうです。

三歳の男女の「髪置き」、五歳男子の「袴着(はかまぎ)」、

七歳女子の「帯解き」のお祝いで、江戸時代には、

武家や裕福な商人の間でも行われるようになりました。

明治時代には三歳・五歳・七歳の三つの祝い事をまとめて

「七五三」と呼ぶようになり、庶民の間にも広まりました。

これが現在の七五三の由来となります。

 

言かつぎといえばそうなんですが、

今になるとそういう行事はできるだけきちんと

お祝いしてあげるべきだと思います。

昔からある行事や慣習は決して間違っている

ことではないので大事にしていきたいものです。

七五三