やまとのお仏壇ブログ

開眼供養(魂入れ)の流れについて


こんにちは。
弘前店の伊藤です。

いよいよ八月にはいりましたね!

熱中症対策しっかりしていきましょう!

 

前回は「お墓の工事」についてお話ししていきました。
今回は、お墓完成後の「開眼供養(魂入れ)」について
お話ししたいと思います。

 

開眼供養は、新たにお墓を建てたとき、
仏壇を新しく購入したときなどに行う
供養のことです。僧侶をお呼びして、読経してもらいます。

 

開眼供養を行っていないお墓はただの石で
供養することでお墓に仏様の魂を入れるのです。

 

浄土真宗では、お墓や仏壇に仏様の魂が宿るという考え方をしません。
そのため、浄土真宗では開眼供養は行わず、御移徙(おわたまし)や建碑式
入仏法要と呼ばれる供養を行います。

 

お墓の開眼供養を行う時期については、決まりはありません。
一般的に、家族が亡くなってからお墓を建てる場合には
四十九日や一周忌などの法要の際に、納骨式と一緒に行います。
生前にお墓を建てる生前墓(寿陵)についても開眼供養を行います。

 

時期について決まりはありませんが、できれば完成時に行うのがよいでしょう。
また、最初の納骨の際に行う場合もあります。
生前墓の開眼供養については、寺院の僧侶に相談してみるのが良いかと思います。

 

 

*開眼供養の流れ
①寺院の本堂・墓地の会場などで読経

②墓前へ移動し、読経

③お墓に巻かれた白布を取る

④参列者が順にお焼香

 

 

準備するものや、お布施については石材店やお寺さんに相談
してみるのが良いかと思います。
ご不明な点などございましたらお気軽に
是非ご相談ください!

 

それでは、また次回!

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る