仏壇セレクトショップブログ

神社とお寺、それぞれの初詣


あなたは「お寺」派?それとも「神社」派?

早いもので年が明けてからほぼほぼ1ヶ月ですね。
皆様は今年の初詣は行かれましたか?

私は青森市の廣田神社に行ってきました。
嬉しくもおみくじは『大吉』それより嬉しかったのは
番号が№1だったのです。

良いことがありますように…

私の事はさておき、皆様の初詣は神社?お寺?

ところで神社とお寺は何が違うの?

神社では「神道(しんとう)」と言って
八百万(やおろず)の神様や皇族の方々を
祀っています。

入口には鳥居がありますが
これは神様が住む世界と、私たちが住む
人間界を分ける境界にもなっています。

白の装束をまとった神主さんや巫女さんが
様々な神事を執り行っております。

それではお寺はというと、仏教を教義として
ご住職や尼僧の方々が仏事全般を手がける
とともに、各宗派の教えを広めています。

本堂には宗派ごとにご本尊が祀られています。

境内にはお墓が建ち並んでいるところもあり
これもお寺ならではの光景でしょうか。
 

青森市青龍寺様

青森市青龍寺様

 

そもそも「初詣」ってなあに?

そう言えば初詣には毎年行ってますが
その歴史については考えたこともありませんでした。

いい機会なので調べてみました。

初詣はご存知のように、年が明けてから
初めて神社や寺院などに参拝する行事の事ですよね。

でもそれが一般的になったのは、明治時代中期
(意外と最近?)ということです。

もとは「年籠り(としこもり)」と言って
大みそかの夜から元日の朝にかけて氏神の
社に籠る習慣でした。

やがてそれは、大みそかの夜の「除夜詣」と
元日の朝の「元日詣」の2つに分かれ

元日詣が今日の初詣の原形になったそうです。

神社とお寺、それぞれの初詣

神社ではお賽銭を入れて鈴を鳴らし
二礼二拍手一礼をしてお願い事をします。

でもあまりに一生懸命にお願い事をするために
お賽銭を思いっきり投げて

そのお金が柱にささってしまい
穴が開いているのを見かけたことがあります。
気持ちはわかるような…。

それにしても、お願いを受けた神様もビックリですよね。
また、神社には御神籤(おみくじ)があります。

「えっ!?お寺にもあるんじゃないの?」…

たしかに。でも「御神籤」には「神」という
文字が入っています。

考えてみると
お寺のものは「お御籤」とか、ひらがなで
「おみくじ」になっていたような。

本来は「御神籤」と書くそうですが
これは神様からのメッセージなんです。

そうです!ただの運試しではありません。ありがたや~。

さてさて、あなたは
「お寺」?「神社」?どちらに初詣?
 

青森市八甲田神社様

青森市八甲田神社様

 

「えぇ~!?どっちでもいいんじゃない?」…

大正解です!!

な~んだと思わるかもしれませんが
実はこれが日本の初詣なのですね。

そう言えば、ご自宅にはお仏壇と神棚が
祀られているように

日本人には神仏習合という信仰が一般化され
現在に至っているというわけです。

いずれにしても一年の無事と平安や家族の健康を祈ったりと
新年の最大イベントですよね。

皆様が今年一年幸せに過ごせますように…

ただ今仏壇セレクトショップではお線香などの新商品や
新しい感覚の仏具をご紹介しております。

今年一年仏壇セレクトショップを宜しくお願いいたします。

西村です

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る