仏壇セレクトショップブログ

人間が変わっても伝える建物の力


はじめまして仏壇セレクトショップの西村です。

仏壇店でのブログは青森市初だと思いますが…?

セレクトショップならではの情報を発信してまいりますので、お付き合いのほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

エッセイスト・タレントとしても有名な阿川佐和子さんは皆様ご存知だとは思います。

柔軟な考え方やはっきりした口調は私の大好きなタレントさんの一人です。

その阿川さんのコメントを紹介したいと思います。

 

阿川さんは東洋英和女学院高校(花子とアンの主人公の出身地)の出身で、校舎が取り壊しになる時に

一人の老教師が語った言葉を紹介していました。

 

「学校の伝統というものは校舎の中で生まれるものです。学校の校風は校舎の中で育まれるものです。

だから校舎は大事。人間が変わっても伝えていく建物の力がある」

 

古き伝統のある寺院などは、その場所に佇むだけで私たちが知るはずのない時代背景を感じさせて

くれますが、まさにこのことだなぁと思いました。

 

お仏壇は家の中のお寺とも言われています。小さいころからおじいちゃん、おばぁちゃんが仏壇の前で

手をあわせている姿を見て自然にお先祖様の存在を知り、大事なものだと認識する、そういったことが、

その家の伝統になり、家風が育まれるとも言えるのではないでしょうか?

 

私ごとですが今年は山形の立石寺(山寺)に行ってきました。ブナ材の建築物では日本最古といわれ、

東北では天台宗の代表的な霊山です。http://www.rissyakuji.jp/

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という松尾芭蕉の句でも知られています。

最近はパワースポットなどと、若い方も神社仏閣に興味があるようなので、ぜひ歴史の重みを感じていただき、

併せてご自宅もしくはご両親の実家にある仏壇にも興味を抱いていただければと強く感じました。

西村です

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る